すのこベッドの購入ポイントや魅力だけでなく自作の方法も知る

ベッドを考える

色んな種類

ポイントとは

すのこベッドを購入する前に、確認するべきポイントが3つあります。
ポイントを抑える前に、まず、すのこベッドの人気が出たことについて理解しましょう。
まず、人は眠っている間に、ペットボトル1本分の汗をかいていると言われています。
就寝中にかいた汗の中でも、放湿することの出来なかった汗は、布団だけでなく床にも留まりつづけてしまい、カビやダニにとって、温かく湿った最高のすみかになってしまいます。
これを長期間放置してしまうと、健康面に多くの悪影響を及ぼしてしまいます。
このことを解消するために、すのこベッドの人気が出てきました。

木の材質を見る

ポイントの1つ目ですが、すのこベッドは、木の材質が命とも言われています。
すのこベッドの購入の際、デザインと価格を重視することが多く、なかなか、使用している木の材質を考えて選ぶ人はいません。
木の特徴などに注目して、すのこベッドを選ぶと、今まで以上の満足感を得ることが出来ます。
材質には、大きく分けて4種類あり、桐と檜、杉やパイン材があります。
各々、強度が強く、防腐性や虫に強い特徴を持っています。
それ以外ですと、桐はとても軽く、熱伝導率が低い、湿気に強いといった3つの特徴があります。
檜は、水に強く、リラックス効果のある独特な香りを持っています。
杉は、軽くて柔らかいことから、加工がし易いです。また、成長がはやいことから手に入れやすく、価格が安定し、費用を抑えたい方に向いています。
パイン材は、杉と同様柔らかいです。また、檜と同じように、リラックス効果のあるフィトンチッドという香りがあります。